さいたま市南区のアロマテラピースクール SouthernCross   カラダとココロに向き合う時間  ~SouthernCross~

2017/081234567891011121314151617181920212223242526272829302017/10

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんばんは!
アロマテラピスクール サザンクロスです

今日は『とっても簡単!石鹸作り』をご紹介します。

通常の石鹸作りって、廃油やら苛性ソーダやら防御めがねやら・・・いろいろ準備しなくては
ならないので、結構めんどくさいと思ってしまいます。
苛性ソーダを買うにも、薬局でサインしないと買えないですしね。

私がご紹介するのは、KENSOの『ナチュラルソープ』という石鹸基材を使います
ナチュラルソープ

この石鹸基材、ヤシの実油が原料で粒状になっています。
どうやって作るかって言うと、
『手で練るだけ』

まず、分量を量ります。

分量測定

今回は50g用意しました。

つぶつぶ

つぶつぶ見えるかなぁ
この中に、ハーブウォーターや精製水を10ml入れます。
もっと少ない方がいいという方もいますが、私はこのくらいがちょどいいです。
そして、精油を10滴入れます。

入れたら、手でよく練ります

袋から出して、形を整えたら完成

石鹸

これを2週間ほど乾燥させます。

この2週間の間に香りが飛んでしまうので、精油は多めに10滴くらい入れた方がいいです。

この石鹸、とっても泡立ちが良くて、洗いあがりもつっぱらずしっと~りします
市販の石鹸やボディソープと比べると、洗い上がりは『やさしさ』を感じますね~

超簡単にできるので、気になった方はぜひお試しください♪

楽天『アロマ生活』というネットショップで購入できますよ★


ランキングに参加中です


にほんブログ村 美容ブログ アロマテラピーへ
にほんブログ村

ポチッと宜しくお願いします♪

スポンサーサイト
こんばんは!
アロマテラピースクール サザンクロスです★

わたくし、今ちょうど月経前症候群(PMS)で心も体も不安定
ホルモンの崩れによるイライラ、憂鬱、頭痛、下腹部痛、便秘などの症状がでています。

こんな時は、普段あまり好きではないホルモン調整機能のある精油が、かな~りいい香りです♪

そこで、今日はグレープシードオイルを使ったマッサージオイルを作りました。
この香りで辛い期間を乗り越えたいと思います。


では、作り方

まず、ビーカーとガラス棒。計量しながら作ります。
ビーカーとガラス棒

わざわざビーカーを買う必要はないです。
100円ショップのプラスチック計量カップや計量スプーンでもOK。
精油はプラスチックを溶かす性質がありますが、そんな直ぐに溶けるわけでもないので
安く済ませていーんです♪
ビーカー欲しいな、という方はハンズで売っていますので購入してみてください

10mlのマッサージオイルを作るので、10mlまで植物油のグレープシードオイルを入れます。
グレープシードの色
これを使って精油を希釈します。
キレイな色です。

AEAJで定める精油濃度は、顔:1% 体:1~2%
お腹に塗りたいので今日は体用、2%で作成。
1%は、5mlの植物油に1滴の精油。
10mlなら2滴で1%、4滴で2%となります。

ホルモンバランスを整える精油を合計4滴入れてみました。
今日のブレンド
クラリセージ
ゼラニウム
ラベンダー
それぞれの効能は『精油の教科書』にアップしていきます。
もうしばらくお待ちください。

注意点は、4滴一気に精油を入れるより、1滴入れては混ぜて香り確認、1滴入れては混ぜて香り確認。
全部精油を入れてから香りを変えようとしても、なかなか変えられないからです。

出来上がったら、保存容器に入れます。
遮光ビン
このような光をさえぎる遮光ビンに入れましょう。
精油は紫外線が苦手です。。。

作ったブレンドオイルは酸化しやすいので、直ぐに使い切るようにします。
なので、少量ずつ使い切りで作ると、常に新鮮なオイルを体に塗布できますね。

ざっと、簡単に書いてみました。

もっと詳しく作り方を知りたい方は、お気軽にコメントください。


ランキング参加中。
ランキング
ポチっと宜しくお願いします★
こんばんは!
アロマテラピースクールSouthernCrossです♪

今日は1日中、鼻水ズルズル
花粉がまだ飛んでいるのでしょうか・・・?
長年花粉症とお付き合いしていますが、そろそろ終わる時期だと思って油断してました。

急遽、薬を飲んでもすぐに効果は現れず。
とても困りましたっ

あまりにも辛かったので、今日はたまたま持参していたティートリー精油を鼻の下に塗ってみました
すると~・・・鼻がすぅっと楽に。
数分ですが、鼻水から開放されました!!
今まではユーカリ精油を愛用していましたが、ティートリーもなかなかグッドです♪

さて、このティートリー精油のもつ作用ですが、
・殺菌
・抗菌
・抗ウイルス
・抗真菌
・癒傷
・免疫強化
などなど、期待できるさまざまな作用を持っています。

私はこの作用に期待を込めて、新型インフルエンザ対策としてティートリーを活用しています。

そのひとつに、うがい。
コップ一杯にティートリー精油を一滴入れて、ガラガラ~っとうがいをします。
のどがとてもすっきりして気持ちがいいです。

香りは少し苦味がありますが、少量でしたら受け入れられる香りです。

他にも、マスクにティートリーを一滴しみ込ませて呼吸するのもいいですね。

直接肌に付けられる精油でもあるので、傷薬として持ち歩くのもいいかもしれません。
ティートリーの葉


ブログランキングにエントリー中!
ランキング 

ポチっとおねがいします♪


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。